• メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2021年6月21日 月曜日

SNSと離婚問題


SNSが急速に発展と拡大を遂げ、今後も私たちの生活に少なからず影響を及ぼしていくと思われる中、

夫婦関係にも、SNSの存在が大なり小なり影響を及ぼすことが多くなっている。

SNSが夫婦関係悪化のきっかけになってしまう場合も多々見受けられるし、

SNS上の情報が不貞行為などの重要な証拠になることもとても多い。

一口にSNSと言っても使い方や機能も多種多様である。

少し前では、SNSアカウント間のメールやメッセージなどの直接的なやりとりが調停や訴訟で証拠になることが多かった。

最近では、例えば、異性を含む食事会の写真などが

シェア・リツイート・引用といった機能により、

本人が意図しない第三者に広まってしまい、巡り巡って間接的に相手の配偶者の目に留まるケースが見受けられるようになった。

問題のない写真であればよいのだが、

夫婦関係では疑心暗鬼を招きやすく、

SNSで見かけた疑念のある写真などについて、聞くに聞けずに関係悪化の一途をたどってしまう場合も出てくる。

そんな悪影響があるSNSを利用しなければいいという考えもあるが、

SNSは私生活だけでなく仕事のツールとして有用な場合も多く、

害があるなら利用しなければいいという簡単な問題ではないようだ。



投稿者 竹村総合法律事務所