• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2014年8月27日 水曜日

家事調停での戦略変更の必要性

家事調停では、




かつては、





調停が本質的に話し合いの場であることから、









原則として申立書面や主張書面は










相手に開示しない扱いを原則としてきたが、










近時の裁判所の方針転換により、










原則開示の方向となっている。










すでに実務では離婚申立書や主張書面を相手に開示するよう強い要請がある。










現状、家庭裁判所の処理の能力限界があり、また、限られた司法資源のために、









調停のスピード化と、争点の整理を重視した結果である。







調停においても、さらなる戦略と見通しが必要となってきている。

投稿者 竹村総合法律事務所