• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2014年4月20日 日曜日

離婚の慰謝料

離婚を扱う者にとっては基本的なことではあるが、





法的には、離婚の慰謝料というのは不法行為に基づく損害賠償請求である。





したがって、相手が離婚にあたり、不法行為すなわち違法行為を行って精神的苦痛を被っていなければ、





本来、慰謝料と言うものは発生しない。





もっとも、早期解決のため、あるいは当事者の納得のために、解決金名目で慰謝料的な金銭給付がなされることは多々あるのは事実である。



なお、厳密に言えば、離婚の慰謝料という場合、いわゆる浮気の場合の慰謝料とは区別されうる。




浮気そのものに対する精神的苦痛の補償が浮気の慰謝料であり、



離婚に至る経緯、すなわち暴力暴言、親族関係等々に起因する精神的苦痛の補償が離婚の慰謝料であるが、



離婚の経緯の中には浮気も含まれることも多々あるため、離婚する場合に、厳密に区別する意味はあまりない。


投稿者 竹村総合法律事務所