• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2014年3月17日 月曜日

離婚専属心理カウンセラー@法律事務所


今回は子供をもつ夫婦間のすれ違いについてお話ししたいと思います。




先日、カフェでこんなお話を耳にしました。

「自分が妻とたまには二人で食事にでも行こうかなと思うタイミングと、妻がそう思うタイミングが合致しない。難しい。」







旦那様の仕事が珍しく落ち着いており、奥様の育児家事も一段落したなと思うタイミングで不意に誘ってみても、奥様はママ友とお出かけするという事で断られてしまうそう。




成程、一つ屋根の下で暮らす夫婦とはいえ、一人の大人ですから、やはり其々のスケジュールがあるのですね。




こういったすれ違いは、家庭の外の人間関係では、特別気にも留めないほどによくある事です。

しかし、家族の間でこういったことがあると、なんとなく気分を害される...なんてことはありませんか?

先ほども述べましたように、家族とはいえ、各々のスケジュールがあって当然なのですが、どうも、その当たり前の事を忘れてしまいがちではないでしょうか。




突然のお誘い、きっと相手は嬉しくもありますが、戸惑いもある事と思います。

お付き合いをしていた頃の事を思い出してみてください。

「〇月〇日に〇〇へ行こう!」と、事前に予定を立てて、お互いにその日を楽しみにしていませんでしたか?




夫婦になり、さらに、父母という立場になってしまうと、そういう改まったことが照れくさくてできなくなったりするかもしれません。

しかし、もう一度、あの頃を思い出して、急なお誘いではなく、事前に予定を立てたデートに誘ってみてはいかがでしょうか。







小さなすれ違いの芽は、大きく育ってしまう前に、はやめに摘んでしまいましょう。

投稿者 竹村総合法律事務所