• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2014年3月12日 水曜日

良い所を探す!

今日は、離婚に対極の、ある意味、結婚生活の理想論です。

結婚しても上手くいかない、
想像と違う、
理想とかけ離れている、


そんな夫婦生活に落胆している方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そもそも、結婚生活というものに対して、婚前にどんな想像をされ、どんな理想を持っていらっしゃいましたでしょうか。
理想がなければ結婚しないという方もいると思いますので、結婚に対して理想を抱くことは悪い事ではありません。
しかし、高い理想を抱き、それを追い続けることは、結果的に離婚へと繋がってしまう可能性もあります。


パートナーはそれまでの人生、自分とは全く異なる生活を送ってきました。
例えともに暮らしている時間がどんなに長くても、人格形成を行う時期に異なる教育を受け、異なる環境で生活してきたのですから、生活習慣も、ものの考え方も、似ているとしてもどこか違うはずです。
同じ環境で同じ教育を受けて育った兄弟姉妹でも、性格や考え方が違うのですから、異なる環境で生活してきたパートナーとそのすべてがマッチするということは中々ありえない事でしょう。
ですからその都度話し合ったり衝突したり、妥協したりしなければならない事が多くなってしまうのは仕方のない事だと思います。


こんなはずじゃなかったと思っている方がもしいらっしゃったら、少し見方を変えてみませんか。
パートナーとの間の「良い所」を探してみましょう。
何気なくしてもらっている気遣いのある言葉や行動を見逃してはいませんか。
何となく当たり前になって、感謝の気持ちや謝罪の気持ちを忘れてはいませんか。
理想に向けて努力していくことは確かに良い事かもしれません。
しかし、まずは目の前にある現実と向き合ってみてください。
いいところを、できるだけたくさん見つけてみてください。
こんな夫婦のかたちも悪くないな、と思えてくるかもしれません。

事務所専属心理カウンセラーの言葉の引用です。

投稿者 竹村総合法律事務所