• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2012年9月 9日 日曜日

離婚と相続の関係



離婚と相続、直接的な関係はないが、









一定の重要な事柄には関係してくるものである。









まず、将来的に、







離婚によって、配偶者が相続人でなくなること。







これが1つ。









次に、相続財産は、原則、相続した配偶者の特有財産とされ、夫婦の共有財産とならないこと。









これが2つ。









2つめの事項は、離婚にあたり、財産分与の局面で問題となる。







法的には、財産分与の対象とならないが、実際には、相手の配偶者からみれば夫婦の財産と考える傾向があり、また、管理などに貢献していることも多いので、完全に切り離されるわけではない。



投稿者 竹村総合法律事務所