• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年11月29日 火曜日

弁護士の使う郵便各種と効果



弁護士は、とにかく書面を送りまくるのが仕事みたいなもの。







そこで、郵便の種類と効果については熟知していなければならない。







まず、(なかでも)一番有名かつ効果絶大とされるものが、







内容証明郵便だろうか。







弁護士の使う郵便のボス的存在。







次に、書留+配達証明。







配達証明は、配達したことをはがきで知らせてくれる便利な郵便オプション。







だがしかし、一般書留にしかつけられないので、お値段も跳ね上がるのが難点。







第3位は、簡易書留。







一般書留より補償額が安く、また、配達の記録も一部しか記録されないが、







簡易に利用できる書留として重宝する。







第4位以下は、通常よくつかわれる郵便である、速達や、普通郵便となる。







これら通常の郵便も、あえて書留などで出せないときに活躍する地味であるが重要な存在。



投稿者 竹村総合法律事務所