• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年9月 8日 木曜日

親権をいかに争うか

親権は離婚問題でも最大の争点の一つである。







法律上、離婚する際には、夫婦どちらか一方のみに親権を決めなければならず、







金銭面のように分けたり譲歩したりする余地がないからだ。









もっとも、兄弟を別々の親に分けることは可能だが、裁判所はこれをひどく嫌う。







基本的には、幼い子は、母親に、









小学生になると子供の意思に任せる、







というのが実務の運用だ。







この原則に、親の監護状態・資力、環境、子の福祉などの事情が加わり考慮されるため、







親権を真っ向から争う場合は、上記の各項目について、







十分な用意をし、主張を展開する必要がある。


投稿者 竹村総合法律事務所