• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年8月30日 火曜日

夫婦の問題は親族の問題

夫婦関係がこじれた際、本人が相談するのはもちろんであるが、兄弟・両親の方が代わりに相談なさることも多い。





心配のあまり、ということであろう。






こうした代理相談での問題はほぼ決まっていて、





1に親権問題、





2に財産問題特に、相続がらみまたは慰謝料がらみ





である。





1の親権については、跡取りという概念がいまだ日本には根強く残っており、子供を相手に取られたくないという一心で、ご親族が相談に来られることも多い。





2については、相手への恨みつらみ憎しみから、財産を分けたくない一心で相談に来られる。





特に結婚したとはいえ、両親には、子供をとられたという意識が深層心理にあるからか、いったん結婚相手を悪く思うと、とことん憎しみが募っていくようである。





離婚は親族問題の一つでもあるから、代理相談は問題ないし、あってしかるべき相談だと思っている。





もちろん、最終的にはご本人に来ていただくことになるのであるが。。。






投稿者 竹村総合法律事務所