• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年8月20日 土曜日

普通解雇と懲戒解雇



普通解雇と懲戒解雇、どちらも雇用主から一方的に解雇する、最終宣告である。







両者の決定的な違いは、1か月分の解雇予告手当を払わなければいけないかどうか。









また、解雇事由が明確・合理的かどうかの問題、







の二つ。







普通解雇では、1か月分の解雇予告手当を支払う必要がある。









また、解雇にあたり、合理的な理由がなければ、









乱用的解雇として、解雇そのものが無効となる。









一方、懲戒解雇は、









その名の通り、懲戒として行われるものであり、









就業規則に定めがある限り、









即時に解雇できるし、







解雇予告手当もしかるべき手続きを踏めば払う必要がない。







むろん、懲戒解雇は、雇用主にとって、いわば伝家の宝刀であるから、それを抜ける理由は限られる。



投稿者 竹村総合法律事務所