• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年8月19日 金曜日

不当請求への対処方法

さまざまな場面で、人生、不当な請求をされる状況に出くわす。





離婚においても例外ではない。






これはもう、避けられない、というべきか。







人間が動物である以上、常に弱者を食い物にしようとしている表れなのかもしれないが。。







前置きはともかく、不当請求、すなわち理不尽、不合理な請求を受けた場合の対処は以下のとおり。







①完全に無視する。









⇒有効は有効だが、場合により、訴訟リスクが高まる。









②正面から対応し、請求を拒否する。









⇒もっともまともな対処法だが、場合により、相手とあつれきを生む。

あるいは、弁護士を立てる場合のコストがかかる。







③支払う。







⇒大金持ちがめんどうにこれ以上巻き込まれないため、あるいは、社会的弱者が誤った判断でしてしまう対処。

もっとも避けるべき。

これをしてしまうと一生カモにされかねない。









④債務不存在の訴訟を起こす。









⇒場合により必要な場合もあるが、普通に生活している方がこの訴訟を使うことはまずないだろう。









いずれにしても、相手が厄介な場合や、危害の恐れがある場合、訴訟リスクが高い場合は、弁護士に相談したほうがよい。



投稿者 竹村総合法律事務所