• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年8月 8日 月曜日

離婚と不当解雇

不当に解雇された場合、





つまり、





解雇されるいわれもないのに、解雇された場合、





争い方はいろいろある。






まずは弁護士を立てて、





会社と交渉。






割増し退職金を引き出す方法。





次に、





労働審判で争う方法。






労働審判は、原則3回。異議があれば通常訴訟に移行する。





次に、





地位確認の保全処分を申し立てる方法。






この中で、優先順位としては、上から順に。






ということになろう。





①手間=コストと、②得られる経済的利益、③ストレスの少なさからの判断である。



投稿者 竹村総合法律事務所