• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年7月30日 土曜日

事業承継の必要書類

M&Aと呼ばれる一連の事業承継の手続きは、






大きな上場会社が国内外の会社を買収する場合だけでなく、






いわゆる中小企業をファンドが買収したり、再生支援したりする






場面でも頻繁に起こりうる手続きである。






たとえば、





つぶれかかっているお好み焼き屋に






再生ファンドが目をつけ、






第三者割当増資などで資本を増強しつつ、





役員を送り込む





とともに





従業員のリストラや





広告戦略およびメニューの改定を行う。





これらも事業承継、M&Aの一例として位置づけられる。





こうしたM&A手続きにおいては、





出資契約書





株主間契約書





のほか、





増資にかかる登記書類、議事録等





および役員変更にかかる選任・辞任書類






さらには、従業員に対するインセンティブ付与のための





ストックオプション契約など多数の契約書類が





必要となる。





投稿者 竹村総合法律事務所