• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年7月 9日 土曜日

離婚裁判への出席

よくある質問に、裁判はどのくらい続くのか。





その間、裁判のたびに裁判所に行かなくてはいけないのか。





という質問がある。





まず、





裁判は、平均10カ月で判決が出ると言う統計がある。





訴訟提起から判決確定まで平均1年といったところか。





次に、





裁判のたびに出席しなければいけないのか、





これについては、








代理人弁護士をつけていれば、








代理人が出席していれば、本人の出席は不要。というのが答え。






ただ、来なくてもよい、というだけで、来てもいい。つまり、






自分の利益に対する影響が大きくて、心配で心配で仕方ない、






という場合は、毎回代理人を引き連れてやってくる本人もいる。






また、代理人をつけていても、本人尋問の場合は、法廷で話すことになるので、






当然、裁判所に出廷することになる。






従って、代理人が付いている裁判では本人が出席するのはこの本人尋問のときのみ、





ということが多い。







次に、本人訴訟、つまり弁護士をつけずに自分で裁判をする場合は、








当然のことながら、本人が、毎度毎度、裁判所に行かなくてはならない。







投稿者 竹村総合法律事務所