• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年6月 4日 土曜日

婚姻費用=生活費の請求

離婚手続きにおいて、夫婦の生活費のことを、婚姻費用と呼ぶ。





婚姻費用とは、結婚するための費用ではなく、生活費のこと。





夫婦が別居すると、経済的一体性がなくなり、共働きでそれぞれまかなえる場合を除き、生活費を稼いでいる側が、稼いでいなかった側に生活費を渡す義務が生じる。法律上の夫婦の相互扶助義務から発生する義務である。





さて、この婚姻費用については、任意の支払いがあればよいが、自発的な支払いがなければ、婚姻費用の調停を申し立てて払ってもらわなければならない。





で、婚姻費用の額については、相場というよりも、ほぼ固定した裁判所の決めた算定基準があり、まず間違いなくこの範囲で決まることになる。具体的には、支払う側の年収(前年度の額面収入)と、もらう側の年収を比較して、子供の人数や年齢なども加味して、決定することになる。





興味のある方は、「婚姻費用算定表」で検索されたい。





以上が婚姻費用(=別居中の生活費とほぼ同義)の基本的な事項である。





なお、一度決めた婚姻費用を変更することも「事情により」可能である。



これについてはまた今度。






投稿者 竹村総合法律事務所