• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年6月20日 月曜日

調停の待ち時間

調停は、待ち時間がひじょーに長い!






裁判であれば、書面のやりとりと、不明点の確認など数分で終わる期日も、離婚調停となると、2時間は覚悟しなければならない。





といっても、2時間ぶっつづけで調停委員に主張をぶちまけるわけではなく、その半分は待合室での待ち時間。






1時間以上待たされることも。





私のように代理人が付いている場合は、ご本人といろいろと話す貴重な時間。





ただ、他の待合人もいるので、話を聞かれてしまうのが難点だが、どこも大差ない話をしていたり、聞かれても皆忘れているので問題はあまりない。






意外と重要なのが待合室の環境。最近は省エネなどといって、夏でもエアコンなし、おまけに窓も開かない、冬でも暖房なしなんて当たり前。





ただでさえ長時間待たされているのに、非常に不快な環境なのだ。





ここでためされるのがやはり忍耐力。






「慣れ」ともいう。私は今はもうどうってことないが、最初のころは苦痛で仕方なかった。。。






投稿者 竹村総合法律事務所