• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年6月19日 日曜日

逮捕令状

法律上、逮捕を認めるかどうかは、裁判官にゆだねられている。





捜査機関が勝手に逮捕していいのは、現行犯である場合など極めて限定されている。





従って、逮捕の適法性も争われることもたまにあるのだが、





おおよそ、事実関係を認めて、警察に出頭する姿勢を示していれば、いきなり逮捕までされることはない。





もっとも、薬物犯罪や、重罪の場合は、証拠隠滅や、逃亡のおそれが強いので、即逮捕は当たり前である。






それ以外の、傷害事件や、ストーカー事件、あるいは横領事件などでは、比較的逮捕はしていない。





ただ、逮捕の令状申請をするかどうかは、捜査機関の判断なので、絶対に逮捕されないでしょう、と言い切れないのが歯がゆいところではある。






投稿者 竹村総合法律事務所