• 初回無料相談受け付けております
  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談

代表弁護士のブログ

2011年6月13日 月曜日

慰謝料裁判

慰謝料バトルには様々な形態があるが、たとえば、





①交渉で示談で終わるもの

②裁判にもつれ込むもの






主張レベルでは、

①浮気を全面否定するもの

②浮気は認めるが婚姻の破たんを主張するもの

③浮気は認めるが1回きりの出来心だと主張するもの

④性的関係は認めつつ相手が結婚していることを知らなかったとするもの





今回、の注目バトルは、





原告、浮気の慰謝料600万請求 VS 被告、浮気の事実は認めながらも、婚姻の破たんを主張して反論!





真っ向から激突!





さて、ポイントは、もちろん不貞行為時に婚姻生活が破たんしていたか否かの1点のみ。





この点をめぐり、原告と被告とで壮絶な結婚生活に関する証拠の応酬が始まるだろう。






投稿者 竹村総合法律事務所